第9回JWord本プレ

2007年2月よりスタートしたJWord(ジェイワード)社の社会貢献活動「JWord本プレ」は、
全国の公立小学校に新しい本を寄贈することで、子供たちの読書活動を応援する取り組みです。

第9回「JWord本プレ」は、2016年4月に発生した「熊本地震」の被災地支援特別版として、
熊本県内の公立小学校に限定して本を寄贈させていただきました。

2011年の第5回「JWord本プレ」(東日本大震災支援特別版)と同様、できるだけ早く被災地の子供たちに本をお届けしたいとの思いから、
仮想クリック募金や寄贈小学校の募集は行わず、 JWord社と弊社社員からの募金を活用して本をお贈りすることにいたしました。

お贈りできた本は少ないですが、少しでも子供たちの心のケアに役立つようであれば本当に嬉しいです。
被災された地域の皆様のご健康と、1日も早い復興を、JWord社員一同、心よりお祈り申し上げます。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

寄贈数 1セット 1万9,716円×53ヶ所= 104万4,948円分の本
寄贈先 熊本県内の公立小学校52校と公立図書館1ヶ所
(熊本市18セット、益城町5セット、阿蘇市6セット、宇城市6セット、八代市5セット、大津町2セット、嘉島町2セット、西原村2セット、宇土市2セット、南阿蘇村5セット)
※寄贈先の小学校は、熊本県内でも特に震度が大きかった市町村の教育委員会様とご相談の上、決定させていただきました。
寄贈内容
寄贈セットの内容
『はじめてよむ日本の名作絵どうわ 6巻セット』
『科学漫画サバイバルシリーズ 2016年新刊セット6巻セット』
『そらまめくんのおはなし 3さつセット』
『いのちのおはなし』

※寄贈本の選定は朝の読書推進協議会様とご相談させていただきました。

第9回「JWord本プレ」寄贈先

市町村 送り先 送り数
熊本市 熊本市立秋津小学校

校長先生からお電話いただきました。

「図書館で大事に読ませていただきます。子供たちの心のケアに読書は大切です。ありがとうございます。」

1
熊本市立泉ヶ丘小学校 1
熊本市立尾ノ上小学校 1
熊本市立西原小学校 1
熊本市立健軍小学校 1
熊本市立健軍東小学校 1
熊本市立山ノ内小学校 1
熊本市立桜木小学校 1
熊本市立桜木東小学校 1
熊本市立東町小学校 1
熊本市立託麻東小学校 1
熊本市立託麻西小学校 1
熊本市立月出小学校 1
熊本市立長嶺小学校 1
熊本市立若葉小学校 1
熊本市立池田小学校 1
熊本市立杉上小学校 1
熊本市立豊田小学校 1
益城町 益城町教育委員会 5
阿蘇市 阿蘇市教育委員会 6
宇城市 宇城市立河江小学校 1
宇城市立小川小学校 1
宇城市立豊福小学校 1
宇城市立豊野小学校 1
宇城市立当尾小学校

校長先生からお電話いただきました。

「大事に使います。ありがとうございます。」

1
宇城市立豊川小学校 1
八代市 八代市立八千把小学校

教育委員会からFAXいただきました。

この度は、ご寄附の申し出どうもありがとうございます。早速、送付先リストお送りさせていただきます。学校現場も、子供たちの心のケアについて、力を注いでいるところでおりますので、とても喜ばれました。重ねてお礼申し上げます。最後になりましたが、今後の御社の益々のご活躍をお祈りいたしております。

1
八代市立郡築小学校 1
八代市立昭和小学校 1
八代市立麦島小学校 1
八代市立泉第八小学校 1
大津町 大津町立大津南小学校 1
大津町立大津東小学校

校長先生からお電話いただきました。

「図書館に置いて大事に読みます。ありがとうございます。」

1
嘉島町 嘉島町立嘉島東小学校

教育委員会からFAXいただきました。

この度は、当町のためにご寄贈ありがとうございます。子どもたちも喜ぶと思います。当町には、町立の小学校が2校ですので、上記小学校へ送付をお願いしたく思います。こちらの勝手で申し訳ありませんが、ご承諾いただければ幸いです。なお、送付の際には委員会へもその旨ご連絡いただけるとありがたいです。お願いばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

1
嘉島町立嘉島西小学校 1
西原村 西原村教育委員会

西原村立山西小学校からお手紙いただきました。

入梅の候、皆様には益々ご健勝にてお過ごしのことと拝察いたします。去る平成28年4月14日(木)、16日(土)に発生しました平成28年熊本地震により被災しました本校(山西小学校)に対しまして、温かいご支援をいただきまして本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。 この度の2度の大きな地震は、家の倒壊、崖崩れ、道路の寸断、断水など甚大な被害を本村にもたらしました。5名の方の尊い命が奪われ、多くの方がさまざまに被災されました。未だ、余震が続き、不安な日々を過ごしている状況であり、一日も早く安心して生活できる日が来ることを願っているところです。
本校の多くの子どもたちも被災しました。家が被害を受け、親戚のお家や知り合いのお家、また現在本校体育館は避難所になっていますが、本校や他の避難所で生活し、そこから学校に通っている子どもたちもいます。今回の地震で、地震前と地震後の村の様子や生活が随分と変わりました。しかし、多くの方々の温かなご支援を受け、大きな力を得まして、村や学校がもとの姿を取り戻そうと力を合わせて頑張っているところです。
本村の小中学校は、熊本県で一番遅くなりましたが、地震の約1ヶ月後の平成28年5月11日(水)に再開しました。学校に子どもたちの元気な声や笑顔が戻り、学校本来の活気が出てきました。通常を取り戻すためには、まだ時間はかかりそうですが、一歩一歩、確実に前に進んでいるところです。
最後になりましたが、皆様の今後の益々のご健康とご多幸を心よりご祈念申し上げ、お礼のご挨拶といたします。本当にありがとうございました。

教育委員会からFAXいただきました。

ご支援ありがとうございます。当村は2小学校ですので、そちらに贈りたいと思います。自宅が全壊した児童も少なくなく、教科書、制服さえも取り出せないでおりますので、子どもたちの安らぎになってくれることと思います。

2
宇土市 宇土市立図書館 2
南阿蘇村 南阿蘇村立中松小学校

教育委員会からFAXいただきました。

南阿蘇村内の全小学校(5校)にそれぞれ配布頂けたらと思います。ありがとうございます。

1
南阿蘇村立白水小学校 1
南阿蘇村立両併小学校 1
南阿蘇村立久木野小学校 1
南阿蘇村立南阿蘇西小学校 1
合計(箱) 53